ビジネス

金子健作(ロイヤルリムジン社長)の国籍は韓国でwiki経歴は?出身高校や大学についても!


スポンサーリンク


金子健作さんは、600人もの従業員を一斉に解雇して話題になった、タクシー会社ロイヤルリムジンの社長です。

今回は、金子健作社長について、

・国籍は韓国なのか

・wiki風プロフィールや経歴

・出身高校や大学などの学歴

などについて調査しました!


スポンサーリンク

金子健作(ロイヤルリムジン社長)のwiki風プロフィール(年齢・出身など)

名前:金子健作(かねこけんさく)

生年月日:1975年4月生まれ

年齢:45歳(2020年6月時点)

出身地:兵庫県神戸市

金子健作(ロイヤルリムジン社長)の出身高校や大学などの学歴

金子健作社長の出身高校は、慶應義塾高校です。

慶應義塾高校は偏差値76で、神奈川県内で最も偏差値の高い高校です。

金子健作社長は高校時代からかなり勉強ができたんですね。

 

ちなみに、J Soul Brothersの岩田剛典さんや俳優の小出恵介さんも慶應義塾高校出身ですよ。

 

大学は、慶應義塾大学商学部を卒業しています。

慶應義塾大学商学部の偏差値は65とかなり高いです。

商学部で経営に必要な会計学などを学んだのかもしれませんね。


スポンサーリンク



 

金子健作(ロイヤルリムジン社長)の経歴

1998年に慶應義塾大学卒業して、2001年に不動産事業をてがけるアイビーアイを設立しています。

大学卒業後からわずか3年で起業しているので、大学時代から起業するつもりだったのかもしれないですね。

 

アイビーアイはリノベーションにより不動産価値を高める再生事業を行っているようです。

マンガ喫茶への投資や不動産の貸出事業なども手掛けているのだとか。

かなり手広くやっているみたいですね。

 

アイビーアイの従業員数は2018年4月時点で27人で、それほど規模が大きい会社ではなさそうです。

 

2008年にロイヤルリムジンを設立します。

きっかけは、タクシー会社の買収を持ちかけられたことだそうです。

 

不動産業とタクシー業は全く別の業種ですが、良い車と良い運転手を用意すれば「坪単価」も上がり、後発組でも勝てると考えたそうです。

不動産業で培った考え方が、タクシー業でも生きているんですね。

 

ロイヤルリムジンでは、最上級グレードの車を通常としたり、クラウンアスリートの限定車を利用できるプランを用意したりと、他のタクシー会社との違いを打ち出しています。

 

また、運転手がお客の買い物などにつきあう「おでかけサポートプラン」も用意されています。

高齢者の方や小さな子供がいる方には、とてもうれしいサービスですよね。

 

こうした独自のサービスからロイヤルリムジンは「タクシー業界の異端児」と言われています。

結果として、ロイヤルリムジンは急成長して、2020年春には東京と神戸の9社530台体制となっています。

 

順調に会社を大きくしていたロイヤルリムジンですが、コロナの影響により2020年に売り上げが激減。

4月7日に600人の従業員を解雇して話題になりました。

 

会社を守るための苦渋の決断だったのでしょうが、この解雇には批判もありました。

 

金子健作(ロイヤルリムジン社長)の国籍は韓国なの?

金子健作社長は「国籍」や「韓国」といったワードで検索されているようです。

調べてみたところ、金子健作社長の国籍が韓国というような情報はありませんでした。

 

金子健作社長はアイビーアイという会社を設立していますが、韓国にI.B.Iという女性5人組のグループがあるので、その関連で検索されているのかもしれませんね。

中村利江出前館社長の結婚した夫や高校・大学は?年収・資産や経歴についても!中村利江さんは、出前代行サービスを手掛ける出前館の社長です。 今回は、中村利江社長について、 ・結婚した夫 ・高校...
大山健太郎の妻や娘・息子などの家族は?国籍は韓国人で本名や自宅についても!大山健太郎さんは、アイリスオーヤマ株式会社代表取締役会長です。 今回は、大山健太郎会長について、 ・妻や娘・息子などの家...
木村周一郎の父や結婚した妻とは再婚?大学や兄弟についても!木村周一郎さんは、フランスパンのお店である「メゾンカイザー」を経営する「ブーランジェリーエリックカイザージャポン」の代表取締役です。 ...

まとめ

金子健作社長について色々書いてきましたが、いかがだったでしょうか?

まとめると、

・国籍が韓国であるという情報はなかった

・出身高校は慶應義塾高校で、大学は慶應義塾大学商学部卒業

・大学を卒業して3年後にアイビーアイを設立 2008年にロイヤルリムジンを設立

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。


スポンサーリンク