その他

大坪寛子は独身?中学・高校・大学や年齢についても!


スポンサーリンク


大坪寛子さんは、厚生労働省大臣官房審議官ですが、和泉洋人首相補佐官と公費で自由に行き来できる部屋に宿泊したことが問題になっていますね。

今回は、大坪寛子さんについて、

・独身なのか結婚しているのか

・出身中学・高校・大学

・年齢

などについて調査しました!


スポンサーリンク

大坪寛子の年齢は?


大坪寛子さんの生年月日は、1967年8月24日です。

ですので、2020年2月現在の年齢は、52歳です。

大坪寛子の出身中学・高校・大学は?


大坪寛子さんの出身大学は、東京慈恵会医科大学です。

東京慈恵会医科大学の偏差値は、70.7で全国の医学部82校のうち7位と医学部の中でもかなりの難関大学です。

東京慈恵会医科大学は、慶応大学・日本医科大学と合わせて、「私立医大御三家」と呼ばれていて、私大医学部のトップクラスの大学です。

大坪寛子さんは一浪して東京慈恵会医科大学に入ったようです。

 

大坪寛子さんの出身中学や高校についての情報はありませんでした。

東京慈恵会医科大学のデータを見ると、出身高校が東京の人が入学者の7割近くいるので、東京の高校出身の可能性が高そうです。

東京都にある高校で、東京慈恵会医科大学に入学している人数が多いのは、暁星高校・白百合学園・桜蔭高校・豊島岡女子学院・女子学院などがあります。

もしかしたら、大坪寛子さんの出身高校もこの中にあるかもしれません。

大坪寛子の経歴

大坪寛子さんは、大学卒業後は東京慈恵会医科大学の附属病院に内科医として2008年まで勤務しています。

2008年に厚労省に技官として入賞しています。

厚労省では、血液対策課に配属されています。

その後環境省に出向するも2013年には再び厚労省に戻ってきています。

2015年には、内閣官房に出向して健康・医療戦略室で参事官に就任しています。

2019年には再び厚労省に戻ってきて、大臣官房の審議官となっています。

こうしてみると、色々な省庁を経験していますね。

 

ちなみに、審議官というのは、事務次官・局長の次に偉い人だそうです。

キャリア官僚で順調に出世コースに乗ると50歳くらいで審議官になれるようです。

40代で厚労省に入った大坪寛子さんが、審議官にまで出世するというのはかなり凄いことだと思われます。

大坪寛子は独身?結婚してる?


大坪寛子さんは、一度結婚していますが離婚しています。

つまりバツイチで、現在は独身です。

東京慈恵会医科大学の附属病院に内科医として勤務していた2006年に、結婚しています。

2006年ということは、大坪寛子さんが39歳くらいの時ですね。

結構遅い年齢で結婚してたんですね。

 

夫がどういった人なのかは不明です。

ただ、大坪寛子さんが病院に勤務していたことから、相手も医師の可能性はありますね。

 

大坪寛子さんは、結婚後すぐに一人の子供を産んでいます。

年齢的には、現在13,4歳くらいでしょうか。

現在、大坪寛子さんは、この子供と愛犬と一緒に生活しているとのこと。

 

大坪寛子は独身?中学・高校・大学や年齢についても!のまとめ

大坪寛子さんについて色々書いてきましたが、いかがだったでしょうか?

まとめると

・年齢は52歳

・出身中学・高校は不明

大学は東京慈恵会医科大学

・一度結婚しているが離婚しているので現在は独身

子供が一人いて、一緒に生活している

和泉洋人首相補佐官と大坪寛子さんの問題はこれからどうなるのか注目ですね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。


スポンサーリンク